スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
BL小説:【艶めく指先】
艶めく指先
艶めく指先

秀 香穂里


ほんの一瞬。。。。

触手?!

なんて期待しちゃった、アホな櫂です。すみまs・・・(汗)

いやぁ〜やっぱり秀さんのこういう?というか濃い話とは相性がいいです、アタシはw
いろいろハード開発に関しての詳しい説明も入っていて、アタシはお馬鹿さんだから途中脳内【??】という時もありましたが(苦笑)
ゆっくり読み進めれば理解できました(笑)
色々調べたんですね〜・・・すごいですよね、作家さんて。
そしてサクラサクヤさん挿絵ですよぉ♪大好きですww
来月コミック出るし、今drapで掲載中の【秘書育成中】もいいですしねぇwww
今後の活躍も期待できる方かと思いますよ♪


アートディレクター × ハード開発者

元彫刻専攻をしていた藤居。いろいろデザインするにあたり模型を作成したりするんですけど、こう・・・自分の気に入ったライン(線)を持っているものや人を触ってみたいという変な癖を持っている。
もう、この癖がまた・・・・いいですよね(笑)【触っていいですか?】と聞いてから一応べたべた触るらしいけどw
その癖が今回のクライアントの美咲に伸びる。理想的なラインを持っている男。
男なのに美麗で、どんどん惹かれていって。。。
この美咲に会いたいが為にスケジュールがキツイ中、仕事の依頼を受ける藤居。
すごい執着ですよw
そして、段々触りたい欲望の矛先が美咲自身に向いていく・・・

ぷはーーーーーwwww
最高ですよねw触りたい、手で感触を確かめたい・・・///
なんか妄想しまくりでしたよ。
藤居、凛々しい顔つきでかっこいいしw
仕事の話も面白かったし、一気読み出来ましたv

感想は後ほど・・・・
・あらすじ(小説参照)

「触れる身体が熱すぎて…、
   どんどん蕩けていきそうだ…」

業界注目のアートディレクター・藤居に舞い込んだ大型企画──
それは、老舗ゲーム会社が仕掛ける新型ゲーム機のパッケージデザイン!!
依頼主の美咲の、ストイックな美貌と理想の身体つきに一目惚れした藤居は、「身体に触らせてくれたら仕事を受ける」と条件を出す。怒りと羞恥に震えながら、肌を這う指先に耐える美咲だが!?




個人的な感想Only!!(爆)w長いよ!!


藤居の変な癖。
気になるラインのものや人を触る・・・・

触る?・・・触手違うから!!(笑)

なーんて妄想突っ走りましたけど(笑)
なんかこういうレアな設定が、秀さんらしいというか。
アタシの中の秀さんのイメージはまさしく
レア設定(笑)
大好きですよ、もちろんww

この藤居はアートディレクターという素敵な肩書き。
素敵な見た目。
素敵な・・・・手癖?ww
黒髪で切れ長の瞳が、男らしさ&凛々しさ倍増なのに、変な癖のおかげで。。。
惚れこみましたw大学時代に彫刻を専攻していただけあってやはり模型などを作るのが得意。
リアルに脳内で描いた3Dを模型にして表現できる。
まるで、絵描きさんと同じですよねぇ。
それで、色んな仕事をこなして名前も売れている。

そんな藤居達に今回仕事を依頼してきたのが美咲。ゲーム会社のハード開発者なのに新しく発売するゲームのパッケージを藤居たちの事務所へ依頼してきてそこで
藤居と顔をあわせる。
美咲は、受けらしさを漂わせない感じだけれど美麗だから、藤居と美咲を並べたら
どう考えても美咲受け。
名前も・・・受けっぽ。←大きなお世話

美咲を一目見ていきなり藤居はいつもの”変な癖”が動き出すわけで。
それだけ藤居にとって、魅力的な体躯やラインの持ち主だったということが判明しますよね。
身体だけじゃなく顔のパーツの配置や大きさ、高さにも魅力を感じていたけれど・・・?
それが段々・・・・それだけの興味じゃ済まなくなる・・・
それは、当たり前でしょうね(苦笑)
身体を触るなら全てを触りたいと思いませんか?!(爆)
その心情の変化もそうですけど、段々藤居の手が顔に移り、首筋とか唇に触手手が伸びていく様子が、じわり、じわりと伝わってきましたよ
なんかね、アタシが変態なんですけど←わかってますよね?(爆)

自分が触られている?って感じを肌で感じられたような←大袈裟ですね(苦笑)

でも、それぐらい迫ってくる触手←しつこい!手の描写と藤居の意識を感じました、アタシは(笑)
顔や身体のパーツの作りが細かく綺麗な美咲に最初は、藤居もアートとして触れていたけれど段々美咲の内側まで触りたいという欲望が生まれてきたんですよね。
そして、変な行動をしている藤居を如何わしげに見つめてる美咲だけど、嫌がる素振りはしても断らない。
心の矛盾?

藤居と美咲はいわば、取引相手。そしてそんな美咲にもっと会いたい、触れたいと思ったから、今回の仕事の依頼、実はハードなスケジュールなのに藤居は受けると言ったんですよね。仕事にまんまと私情を挟んで(笑)
でも、藤居の才能なら何とかしてくれる!!
と、アタシも思えるぐらいしっかりと地に足を付いている男な気がしましたよ?


でも、その仕事を受けるに当たっての条件というのを藤居ごとき(笑)が美咲に出したんですよ。これには、ちょっと驚いたけど(苦笑)
そんな条件なしでもいいんじゃないの?どーせ君は触るだろうし?(笑)
と思いつつも、少しでもアダルトさを出すにはやはり等価交換じゃないけれど、それなりの厳しいスケジュールでも受けるんだから、それなりの条件を・・・
ということかなと。
その条件がまた”藤居様さま”というやつでしたねw

あなたの身体に触らせて欲しい

藤居からすれば、何も変なことじゃないけれど、普通に言われたほうは
変態?!としか思えない条件ですよね。
でも、美咲は断らずに受け入れた。それは自分達が生み出したゲーム機にプライドも自信も持っているからしっかりとしたパッケージに包まれて世に出て欲しいという親心もあるからだと思うけど、これを逃したらいいデザインをしてくれるディレクターに出会えないというのもあったと思うんですよね。
だから。。。。。美咲は条件をのんだんだろうと・・・思う。
如何わしい事をされて、嫌そうな顔や口調で話しながらも、藤居の条件をのむ。
もう・・・美咲自身もなんらかの感触は得ていたんだろうなと思いましたよ。
じゃなければ、やはり・・・・受けがたい条件じゃないですかね??

そして藤居は、仕事を受けた以上いくらゲームに興味がないからといってずさんな仕事をするわけはなく、しっかりとゲームの事を理解し、その会社をも理解しその上でデザインをするという徹底振りは、さすがのディレクターという感じで、働く男のかっこよさを感じられましたw
でも、その反面もっと美咲を知りたいというところから、美咲の会社で色々学びたいといい乗り込むという訳じゃないけれど席を設けさせてそこに身を置くあたり・・・
結構、本気だ
と思いましたよ。興味から美咲を触ったけれど、しっかりとその興味が恋に変わっていっている。
でも・・・・もう少し。。。その興味から恋に変わる辺りにスパイスが欲しかったかもと思いましたけど、それはアタシの個人的な感想ですがね^^;

そんな藤居と美咲の距離は少し筒縮まっていく。それはそうですよね、いつもなら見られない美咲の姿を見られるわけですから。
そして仕事の帰りに二人で食事をしてそれから美咲の家に招かれ酒をまた飲み始めた時。
美咲に1本の電話が入る。
その電話を受けているときの美咲の様子が少し変。それまで和気藹々と楽しそうに二人でゲームについて話していたのに・・・
藤居は気になってしかたがない。なにせ藤居はこんなに他人に興味を持ったのは初めてと言っていい程だったから電話の相手が誰なのか、好きになってしまっていると自覚した以上、色々知りたくなりますよ。
そしてその電話の事を美咲はあまり言いたがらない。でも気になる藤居。
漏れてきた声からして相手は男。それでも痴話喧嘩っぽい話・・・・
美咲は友人だというが、違う。藤居のアンテナが振り切る寸前ですよ
上手に恋をしてきたことのない藤居だから、嫉妬をしていると自覚してもそれを上手く誤魔化せない。そこがなんか・・・・可愛いと感じちゃいましたけど(笑)

つらいけど恋人からの電話じゃないのか?とか口走っちゃう当たり・・・
不器用でいいですよね
そして藤居は美咲に、恋人ならちゃんと話をしてやれみたいな事を言っちゃうんですよ、本心じゃないくせに。
それに美咲もあまりにしつこいと思ったからか、逆ギレ。
藤居がさっきの電話男だったよな・・・と言って何もいってこないところをみて藤居は驚いたでしょうね。
美咲は肯定も否定もしないけれど、【とっくにおわってる】という。これは、まさしく美咲の恋人は男だったということだ。
藤居は絶句。と同時に
慣れているのか。
以前美咲に触れてキスをした時の熱い感覚・・・あの艶やかな表情は既に誰かに見せていた。そう思っただけで藤居・・・・自分の気持ち制御不能気味
だからキスしたときも抵抗しなかったのか・・・藤居がそういうと、美咲は否定する・・
きっと美咲は・・・・藤居だから受け入れたんだと思うけど、そこまでお互いにわかっている仲でもないから言えるわけもなく。
逆に・・・・美咲は藤居を逆撫でするような言い回しをする。
売り言葉に買い言葉みたいな二人。
切羽詰った感がじんわり感じますよ。

そして、美咲は自分から藤居を誘った・・・・
藤居も熱くなってしまっているから美咲の挑発にまんまと乗せられ、美咲を抱くんですよ。
でも、この藤居のエッチは・・・・・・
優しいんだけど、エロさを感じましたよwwww
そして美咲のあの美麗な顔から発する言葉も・・・アダルティ
わざとそういっているけれど、かえって痛々しいのが目に見えたな。
美咲はわざと乱暴に扱わせるように仕向けるけれど、そんな美咲の行動にイライラする藤居。
そこに、藤居が本当に美咲を好きになったんだと感じられるセリフがありましたよ。

俺は俺のやり方で美咲さんを抱く。乱暴なことは絶対にしない
かっこいい。男の理性が少しあるね(苦笑)
そして甘エロい言葉も・・・

同じ泣くのでも、感じすぎて・・・どうにもならなくて泣くってのにしてくれよ

あぁ・・・藤居の甘い言葉に・・・堕ちた・・・///
それから美咲も藤居を煽るような言葉をいうけれど、美咲自身かなり藤居の腕に酔っていたのを感じますよ。
アダルトな二人いいね。年齢も30代・・・いいねwww

身体を交えたあとも何も進展がないふたり。
そしてそこへ登場・・・・・前カレ
この前美咲が電話をしていた相手。高野。ぱっと挿絵をみると”あら、いい男”と思える感じ。藤居と違うフェロモンあり。相手の心を釘付けにする方法を知っているような遊びなれた感じも少しあり。その男とバーで再会し、美咲に絡む。それを見ていた藤居、激怒。
高野を殴り、美咲を連れた走り出した。
ちょっと殴った藤居・・・男らしく感じたw

そのバーで美咲の前の恋の話を聞いた藤居。かなり美咲は高野を好きだったと聞いた。そして高野に振られて自暴自棄になった時期もあるとも聞いた。
静かに藤居は美咲に【いまでも、好きなのか?】と尋ねたんです。
美咲は【好きじゃない・・・そういう気持ちはもうない】と言ってきたが・・・
胸中複雑でしょうね、実際のところ美咲も藤居に惹かれているとこの時点でも自覚していると思うけど、高野と同様、藤居もノンケ。
ノンケは最後には自分を捨てるという概念が高野との1件で植え付けられているんでしょうね。
恋に臆病になっている・・・そんな感じですよ

俺のものになれよ

唐突に告白した藤居。もう、我慢ならなかったんでしょうね、傷ついている、まだ忘れていないような美咲をみて。
でも、美咲は・・・・・頑なに受け入れなかった。藤居に好意を抱いていると自覚していながら・・・
それは、もう・・高野の時のように捨てられるのは嫌だという自己防衛からでしょう。
そしてそんな美咲の身体に自分を埋め込むように藤居は美咲を抱いちゃうんですよ。
またこの情交シーンも・・・・いいですwww
藤居のたぎる情熱が見え隠れww美咲も凄く・・・・身体は反応し喜んでいるのがわかります。

でも情交が終わり美咲が告げた言葉は

セックスフレンドじゃ・・・だめなのか

ありえないでしょう・・・藤居がそんなもの受け入れるわけが無い>_<多分・・・美咲もわかっているはず。美咲は・・・藤居と離れたくないと思いつつも・・・もう傷つきたくないから付き合えない、だったらせめて身体だけでも・・という考えだったんでしょうね。どうしてそんなに身体を投げ出しちゃうのか・・・悲しいですね
すべては、そう、高野のせい(笑)
藤居はそんな事を望んでいないとはっきり拒絶。
美咲さんを大事にしたいだけなんだ・・・と言っても・・・美咲は信じられずというより受け入れたくないといった拒否のしかたですね。
このまま争っていても埒があかないという事で・・・・藤居は自分の気持ちよりも
美咲の事を優先して、そっちを思う気持ちを取った。
美咲に言った一言で

頼むから、自分の身体をもっと大事にしてくれよ。俺が言うのも変だけど、
抱き合うってことはもっと気持ちよくて、安心できて・・・
心から楽しめるものであってほしいんだよ


・・・男らしいし、しっかり美咲を想っている気持ちがこもった言葉ですよ
なんかこのときばかりは、美咲の頑なさにゲンコツくれてやりたくなった(苦笑)
美咲自身もわかっているんだろうけどね、藤居の愛情が嘘か本当かなんてね。
それでも、素直になれない心の傷があるんでしょうね。

そして美咲の会社の仕事が無事に終了して、藤居はこれで本当に美咲とは会う機会がなくなるとおもったからしっかりと最後に仕事の御礼を伝えながらも最後の最後に・・・
美咲に聞いた言葉

美咲さんはこの先もずっとひとりで生きていくのか

その言葉を聴いて美咲は身体を強張る。それでも藤居は美咲に

美咲さんはいい仕事をするひとだ。大丈夫、しあわせになれる

と自分に言い聞かせるように美咲に言って去った。
哀愁ですよ。この時の藤居>_<また好感度UPですよね!!!
くっそう・・・・男前すぎるっ

しばらくたっても、やっぱり藤居もまだ美咲が心の中に残っていていい加減未練がましいと思いつつも、もう一度会って美咲の本音を聞きたいと考えていた時。。。。
藤居の家に美咲が訪れた・・・・
藤居は驚いたが美咲を招きいれそして藤居が手がけてくれたゲームをお礼に持ってきたのだ。
藤居の仕事に感謝をのべつつ・・・・・美咲は

好きだよ

と流れるように言った。ソレを藤居は聞き逃さなかった・・・
美咲が藤居に想いを告げたのだ。そして・・・・二人とも想いが通じ合い甘いベッドへ流れ込む・・・・
3度目の情交www
今回の情交では、藤居が高野への嫉妬を言葉にだしながら美咲を愛撫しているシーンが・・・好きでしたww1つ1つ何かを確かめるように・・・
そして何気にエロイこともいう藤居が好きだ(笑)www
元々美咲は敏感な身体だったらしいから、感じまくっている・・・
美咲を高みにのぼらせている藤居のセリフも・・・・大好きですwww




なんだかんだ言ってやっぱり30代の男の恋愛ものがいいですねぇwwww
できればもう少し、藤居が美咲に惹かれていく途中の気持ちを書いてくれてもいいかなぁなんて思うところもありますが。
エッチは結構好みのエッチでした←え?w
そして、何よりも仕事の話がリアルでしたね。詳しかった!!
あとがきにも書かれていたけれど、結構調べたんでしょうね。すごい内部的な話もあったきがして【すごいなぁ】と感心しましたよ。

秀さんの話って、こういう仕事というか職業についての説明もかなり詳しく書かれるので背景がよくわかりますvv未知の世界の話もありますからね、興味持ちますよ←黒い愛情のカウンセラーの話もそうでしたしwww
もっと。。。もっと・・・マニアックでもアタシはすきですww秀さん!!(笑)
でも藤居の変な癖・・・・おいしかったですw

ブログパーツ



スポンサーサイト
- | - | -
>あけみさん

おはようございます!あけみさん♪

前回の【黒い愛情】は、思ったよりキツイ調教ではなかったですね(苦笑)でも、調教という響きに生唾ものでしたが(笑)
今回の話は、愉しく読めましたねw

ハード開発という未知の世界の話を詳しく書かれていて、最初??がいっぱい脳内に浮かびましたが、読むにつれ納得でした

美咲の元彼(笑)あれは、真性自己中ですね(笑)
あの彼を題材にした調教ものが読みたい、という妄想も出てきております(爆)←結局は、あいつを懲らしめたいという意向ですが(笑)

秀さんは働く男を綺麗に書いてくれるので、ドキドキ度も増しますねww
今後も期待しますww

最近、調子わるいブログでお手数お掛けします(泣)
櫂 | 2007/05/07 09:35
櫂さん、こんばんは。

ついこの前読んだ調教モノもどきが、正直はずれだったけど、今回のは面白いと評判だったので期待して読んだら、見事当たり!
面白かったです。

しかし! 何ですか、美咲の元カレ。
あれは許せない存在でしたね。
まぁ、ああ言うトラウマがあったからこそ、美咲には藤居を受け入れられない気持ちになったわけだし、そんな気持ちを何とかしようと頑張る藤居に惚れちゃった美咲もいたわけだから、結果オーライ?

やっぱり、秀さんは働くオトコを書かせたらピカ一!
この先も、ずっとリーマンものを書き続けて欲しいです。

(エラーが出ちゃったので、もしコメントが重複していたら、サクッと削除をお願いします)
あけみ | 2007/05/07 00:42
>桃さん

こんばんわー桃さんv

やっぱり30代同士のネタには、モエモエしますね(笑)
なんか。。。自分も年を重ねるごとに好みの年代の男性もあがっているような・・・(ボソッ)w

藤居は無意識だけど一目あったときに堕ちていましたよね!!w
それを嫌がらなかった美咲も、仕事の付き合いがあるから・・だけじゃ無かった!w

美咲の恋に対する臆病さが切な痛かったけど・・・何気に美咲の元カレの話も読みたい・・・(ボソッ)しかも、今まで自分がされたことを惚れた相手にされてアタフタするような・・・←妄想しすぎ

藤居の変な癖は・・・確かに藤居に好意を寄せている側からしたら気があるのかしら?!とか思っちゃいそうですけど(苦笑)
でも・・・なんか綺麗なモノや形のやつに触りたいという気持ち、わかりますよね^^
藤居。。。かっこいいから許されたと思う(爆)w
櫂 | 2007/05/06 20:27
こんにちは、櫂さん。

働く30代男、好きですvv
やっぱり男同士の対等なガチンコ愛をよみたいですからねえ。
しかし、藤居は最初から美咲に恋したんだと思いますよ。
そういう趣味はないと言っていますが、そう言い訳すること自体、妖しい〜!
前の男のせいで、ちゃんとした恋愛が出来なくなっている美咲が切なくて。
藤居の変な癖、なんか分かるような気がしますね。これで藤居が変な男だったら、ただの変態?
| 2007/05/06 19:24
>mahorobaさん

こんばんわ!mahorobaさん。

TBすみません〜・・なんか最近ほんっとにうまくTB出来ないんですよねぇ(泣)

お手数おかけしましたm(_ _)m

熱い文章って・・・もう長いだけでよく何を描いてきたのかわからなくなるんですよ。
でも、盛り上がりの手助けになったのなら、少し安心しました(笑)

秀さんのちょっとマニアックな設定と職業についての詳しい内容には、やはり萌えますねv
櫂 | 2007/05/05 21:28
こんばんは〜。
あーやっとTBできたっ。先日TBしたんだけどなぜかうまくいかず……。

櫂さんの熱い文章でさらにこの作品への気持ちが盛り上がりました(笑)秀さんの作品は仕事がきっちり描かれてるので堪りませんね!
mahoroba | 2007/05/05 20:42
COMMENT









TRACKBACK URL
http://bl-dragon.jugem.jp/trackback/298
TRACKBACK
艶めく指先秀 香穂里 / サクラサクヤ徳間書店 2007-04by G-Toolsbk1→艶めく指先すごく秀さんらしい1冊だったと思います。働く男たちの仕事ぶりを堪能させていただきました。 業界注目のアートディレクター・藤居匠(ふじいたくみ)に舞い込んだ大型企画は、新型ゲ
艶めく指先 | BLな毎日 | 2007/05/07 00:21
秀香穂里著。キャラ文庫 艶めく指先 綺麗なものや美しいものを見るとつい触りたくなる、手触りを確かめたくなる、そういう衝動ってありますよね。でもその相手が人間だったら・・・!?しかも男!このお話の攻め君、気に入ったものに触りたいという衝動は純粋に好奇心
艶めく指先 | 桃の楽園 | 2007/05/06 19:15
 艶めく指先一気読み。おもしろかったです!『くちびるに銀の弾丸』を読んだ時の衝撃(大げさか?)に似てる。それくらいめちゃくちゃ秀さんらしさが出ていたと思いました。仕事で競い合う男同士の話ではなくて、...
艶めく指先 | ぼぉいずびぃあんびしゃす! | 2007/05/05 20:38
CALENDER
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SEARCH
RECOMMEND
トラ兄さんとワンコさん (花音コミックス)
トラ兄さんとワンコさん (花音コミックス) (JUGEMレビュー »)
春野アヒル
ごめん。まだ買ってな・・・Σ(゚□゚(゚□゚*)
RECOMMEND
町でうわさの天狗の子 1 (1) (フラワーコミックス)
町でうわさの天狗の子 1 (1) (フラワーコミックス) (JUGEMレビュー »)
岩本 ナオ
なんか、ほのぼのする・・・
(非BL)
RECOMMEND
トラさんと狼さん (花音コミックス)
トラさんと狼さん (花音コミックス) (JUGEMレビュー »)
春野 アヒル
エロくないけど、なんかすげーかわいくて萌えるO(≧▽≦)O
RECOMMEND
交渉人は振り返る (SHY NOVELS 230)
交渉人は振り返る (SHY NOVELS 230) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
兵頭の体臭をかぎたくなる件。
交流

ナイショ話はこちら(笑)↓

Powered by SHINOBI.JP



結構好きかも♪と思ったらお願いしますv
よろしくお願いしますw
BL売れ筋&TB People
★BL小説売筋♪

★BL小説TB♪

★BLコミックTB♪

★BLCD TB♪

★BL||働く男||TB♪

読本
櫂の最近読んだ本

ブクマ


★お気に入り登録する?★
BL★Dragonを追加する?
by BlogPeople


ブクマ/BL×B.L. People 他
★BL × B.L.People★





MOBILE
qrcode