スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
BL小説:【DEADSHOT】
DEADSHOT―DEADLOCK3
DEADSHOT―DEADLOCK3
英田 サキ



近づいては離れ、また近づいては離れていた二人
すべてが終わり白い砂浜で再び・・・・





購入してきて、すぐに読んでいました(笑
もう、いても立ってもいられなかった(汗)表紙のたくましくなっていた二人に熱さを感じつつ
コルブス・ディック・ユウトの絡まりあった糸が、一瞬にしてほつれていった・・・(泣)

各巻ごとにラブなシーンは1回ぐらいとBL色は少ないものの、その1回にどれだけの想いが詰まっていたか、全て読み終えてその”1回”の愛情を感じられるシーンが心に残りましたねぇ。


いや〜・・・ほんと一気読みでした。
賛否両論、こちらもあると思いますが、それはみなさんそれぞれの想いだから仕方がないでしょうけど、アタシはやっぱり英田さんの特殊な設定物は大好きですねv

もう、DEADHEATを読み終えたとき、二人の行く末がどうなるのか、気になっていましたが・・・
こういう感じで終わって、よかったかなと思います。
そしてクライマックスに迫るにつれて、どんどん人の心理の深いところに迫っていく感じも好きでしたね!
何気に・・・・
アタシはこの最終章を読んで・・・
コルブス(ネイサン)が愛しいと思ってしまいました(汗)


かなり凝縮された内容で、読み応えがあり、そして、胸に残るものでしたw


感想は・・・・・
Long、Long、Loーーーーーーーーng!!(爆)
なので、要注意です。語りすぎです・・・(汗)



続きを読む >>
BL小説:【エス-裂罅-】
エス 裂罅(れっか)
エス 裂罅(れっか)
英田 サキ




俺から離れるな。
何があっても、絶対に・・・・・・




レビューをあげるのを忘れていました(殴)
しかし、BLCDが発売になるので便乗して←おいおい(笑)
レビューをあげます(苦笑)


何度読んでも・・・・胸がギュっとする宗近の上のセリフ。
椎葉を大切な人として無くしたくないという想いと、エスとしての誓いも含まっていますね・・・
今回、急展開をみせた宗近と椎葉が置かれている環境・・・
こうも、二人を取り巻く環境が変わると、二人のお互いへの想いもどんどん形を変えていきますよね・・・
ほんと、一瞬たりとも安堵できるときがないですよ・・・>_<

相変わらず、二人を取り巻く世界が魅力的な描写で描かれているので、夢中になって読みました!

男のプライドと一人の男としての想い


感想・・・長い・・・よ(汗)
BL小説:【DEADHEAT】
デッドヒート
デッドヒート
英田 サキ




間違うはずがない
愛しい男の後ろ姿を





勢いのまま、読みました!!!
また、前作の監獄とは一転ですね・・・w
社会に紛れコルブスを探しつつ、コルブスの影がうつればそこに・・・
ディックもいるはず。というユウトの想い。

もう、脱獄した時に見せた、ディックの面影が最初見当たらなくて
内心【どうしよう・・・】とアタシがオロオロしましたよ(おいおい)

FBIとCIA、2つの対立組織に身を置くユウトとディック。
相変わらずお互いにコルブスを追っているが、ユウトはディックに会えると信じ、ディックは会いたくなかったと言うし・・・
正反対の言葉だけどお互いがしっかり、あの日から心に留めていたというのがわかって少しドキっとしましたね。
表立って、想いを告げないディック。
涙まで流してディックを想っていたユウト。

2つの想いの交差点はどこにいくのか・・・


個人的感想・・・・
いつもの如く・・・・長・・・・(汗)


BL小説:【DEADLOCK】
DEADLOCK
DEADLOCK
英田 サキ




無秩序・ルール崩壊の世界
数奇な運命に導かれ出会う2つの信念






最終巻が出る前に!!!!(汗)
買ったまま読んでいなかった英田さんの監獄LOVE(苦笑)
暑苦しいけど1つの社会がそこにある監獄。
相変わらず、引っ張られるように読み始めたら止まらなかったです!
高階さんの美麗でリアルな絵も、喉をカラカラにされました(笑)
読み終えたのがAM1:00を過ぎたあたり・・・・

興奮して寝付けなかったです(笑)

この2人は、どうなるんだろう・・・?

それが頭の中でグルグル回る回る(苦笑)
遅くなったけど、久しぶりに(こらこら)夢中になれる作品でした。
【エス】を読んだ時に味わった、精神的満足感を得られそうです。



いい作品だからこそ?短い感想にします。
それこそ、個人的な感想のみ!!!(笑)

BL小説:【今宵、天使と杯を】
今宵、天使と杯を
今宵、天使と杯を
英田 サキ

なんか。。。。ちょっぴりうれし泣きした・・・・(?)
なんでだろう・・・汗

いろんなレビューを見ましたが、こちらの作品は真っ二つでしたね(苦笑)
【こういう話もいい!】と【なんだか物足りない】と。
アタシは、いつも濃い系を好んで貪っておりますが(笑)
ほら。たまに月に1回ぐらい、甘〜い・切ない系が読みたくなる時があるんですけどね。
そんな感じで、こういう感じの話も読むのも好きなんですよ。奥さん。
鬼畜・陵辱・恥辱・血縁ときっついものばかり食べていると
胃もたれするときあるからね(爆)ww
←今更だけどー

英田さんのこういう話も、面白かったし、何故か・・・
あったかく感じたところもありました。。。

無口なヤクザ × ヘタリーマン

職業関係なしに、人間同士でしっかりお互いの心を見つめて向き合うと
こんな事もあるんあだろうなぁ。。。とアタシは思えた(笑)

感想は後ほど・・・
BL小説:【夜に咲き誇る】
夜に咲き誇る
夜に咲き誇る
英田 サキ

精神的にまた大きく前進した二人が見られました。

英田サキさんの【夜シリーズ】第三弾。完結編ですかね。
きっと、これを読んだ方々は色んな感想を持たれたかと思います。
【こんな終わり方じゃ物足りない】とか【もう少し揉め事が大きくてもいいんじゃない?】とか【なんか久我がおとなしくて拍子抜けした〜】とか(苦笑)
アタシが最後まで読んで思った事と言えば

半端な気持ちじゃ相手の人生を背負えない

って事ですね(苦笑)
この【夜に咲き誇る】は、なんとなーく?

秋津の久我に対する想いの深さと、尊敬が多く前にでつつ、お互いが頂点を目指していく上で必要不可欠な存在だ、と認識する大きな局面を描いてくれたような・・・

・・気がしたんですけど、アタシ冷や汗人それぞれ感想は違うということで(笑)

1冊毎に生意気さよりも、器量が大きくなっていった気がする、久我。
逆に1冊毎に、どんどん生を帯びて、物欲も生への意欲も深く生き返ってきた、秋津。

やっぱり、好きとしかいいようがなかったです(笑)

感想は後ほど・・・
BL小説:【さよならを言う気はない】
さよならを言う気はない
さよならを言う気はない
英田 サキ

まだジワジワマイブーム継続中?(笑)
英田さんのヤクザ絡みものは・・・やはりいい。大好きです!!
【エス】とは雰囲気は違うけど、言い回しや状況心境説明がやはり好き。
英田さん色というのかなぁ??


探偵(元刑事) × ヤクザ

ヤクザ受け・・・と聞くと少しアタシ的に【・・・(汗)】となる所がある(苦笑)
それは、先月読んだ。。。【君が涙を溢れさす】なんですけどね。
作家さんは好きです!!
でも、この本は少々・・・・アタシ的にですけどもの足りず(苦笑)
それが尾を引いているらしく?”ヤクザ受け”と聞くとまず、それが脳裏をよぎりまして(笑)

でも、これはそんなトラウマを払拭してくれた作品でしたよー。
天海(受)の日常と夜のベッドの中でのギャップが、よかった/////
しかも最後、お互いに身体を重ねた後の天海の変化!!!

これが、よかった!!!
そして攻めの陣内のおっさん度(笑)これもアタシ的にツボでしたww


感想は後ほど・・・・
BL小説:【夜に赦される】
夜に赦される
夜に赦される
英田 サキ


引き続き、ぶっ通しで読みました(笑)えぇ。。。止まらなかったんですww
若頭×探偵(元キャリア)


久我・・・・の想いの深さと、一途さに翻弄されたアタシです(苦笑)


極道は情け容赦もないけれど、そのかわり情も人一倍強く持っているのかも・・・
と思ったこの1冊(笑)←テレビショッピングのセリフみたいじゃんww

久我に惚れたのは、秋津だけじゃない!!!!!!!(笑)
この1冊はそういう面での心の強さもあったけど、それとは反対に秋津の惚れていた”あの男”←あえて名前を書かないのは何で?(笑)アタシ
の、死に関してそれが引き金になって久我と秋津の間に、言葉に出来ない溝が出来てしまい、その事実に翻弄される男達も描かれていて。
少し重い内容もあり明暗が含まれた1冊でもありますwww

だから、かえって久我と秋津の心情を語ったシーンは、心惹かれたのかしら?w

感想は後ほど・・・
BL小説:【夜が蘇る】
夜が蘇る
夜が蘇る
英田 サキ


夢中で読みました。【夜が蘇る

若頭×元警視

元キャリアの秋津の・・・・・夜の顔
封印したはずの夜の顔が、若頭の久我により艶やかにまた夜を舞うようになって・・・・

秋津はミナミの夜空に舞う艶蝶ですね・・・

ほんと、久我により忘れかけていた淫らな血が夜になって咲き出してw
こういう二面性の受けは、ツボりますねぇ。

そして久我の実直さ。これが漢だ!という感じの一本気。
でも愛嬌もあってそのギャップがすごく、いい。
瞳の奥にたまに覗かせる赤黒い炎。この時の久我は”極道”の匂いが漂いますねぇ。
それも、いい!!w
エロさも充分、強持てさもあり、そして舎弟を大事にしている。
上に立つ人間としてもいい男です。

二人のバックステージも英田さんの作品らしいと思いましたv
【エス】とは違い、甘い空気も結構あり。これはこれで、いい味でしたw

来月の新刊、楽しみだぁぁぁぁ!!!

しかし、山田さんの描かれる攻め。。。。いい匂いが漂ってきますねぇ(笑)ww

感想は後ほど・・・・
BL小説:【エス-咬痕-】
エス 咬痕
エス 咬痕
英田 サキ


心の中でうごめく熱が冷めません(苦笑)

昨日はこの【エス】シリーズに何でもっと早く手を出さなかったのか後悔しておりましたが←大袈裟?(爆)
1を読み終えて、その後悔が感謝に変わったぐらいです(笑)

遅くても手元に来たことを感謝です!!wwww

英田さんの作品で、こうい系統はすごく好きになりそうです。
いえ、好きになっている?でしょうか?(苦笑)←現在進行形?(笑)
BLという観点を抜かしても、夢中にさせられますね。。。。(ポヤ〜ン)

1冊1冊読み終えたときの、全身の疲労感(笑>←これはアタシにとって、とってもいい事なんですwww
それだけ、自分が作品に入り込んでいるってことですv

刑事×エス

今回この-咬痕-に出てきた永倉という刑事。。。。
すっごく・・・・切なくて苦しかった。どうして、そういう風にしか生きられなかったの?と。
永倉の過去が、今の永倉を形成してしまったんだろうけどもっと・・・・違う形で愛を表現してもよかったんじゃない?!と。
でも、これが永倉の生き方だと言われたら”そうなんだ”と納得をするしかないですがね(泣)
でも、それでも喉奥が締められる思いで読みました(汗)

のめり込み過ぎですかね^^;そんな感じが自分でもするんですが・・・・
許してください(苦笑)

また後ほどUPします。

今回も。。。というか【エス】シリーズのレビューは麒麟の首以上に長くなっています(苦笑)
続きを読む >>
CALENDER
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SEARCH
RECOMMEND
トラ兄さんとワンコさん (花音コミックス)
トラ兄さんとワンコさん (花音コミックス) (JUGEMレビュー »)
春野アヒル
ごめん。まだ買ってな・・・Σ(゚□゚(゚□゚*)
RECOMMEND
町でうわさの天狗の子 1 (1) (フラワーコミックス)
町でうわさの天狗の子 1 (1) (フラワーコミックス) (JUGEMレビュー »)
岩本 ナオ
なんか、ほのぼのする・・・
(非BL)
RECOMMEND
トラさんと狼さん (花音コミックス)
トラさんと狼さん (花音コミックス) (JUGEMレビュー »)
春野 アヒル
エロくないけど、なんかすげーかわいくて萌えるO(≧▽≦)O
RECOMMEND
交渉人は振り返る (SHY NOVELS 230)
交渉人は振り返る (SHY NOVELS 230) (JUGEMレビュー »)
榎田 尤利
兵頭の体臭をかぎたくなる件。
交流

ナイショ話はこちら(笑)↓

Powered by SHINOBI.JP



結構好きかも♪と思ったらお願いしますv
よろしくお願いしますw
BL売れ筋&TB People
★BL小説売筋♪

★BL小説TB♪

★BLコミックTB♪

★BLCD TB♪

★BL||働く男||TB♪

読本
櫂の最近読んだ本

ブクマ


★お気に入り登録する?★
BL★Dragonを追加する?
by BlogPeople


ブクマ/BL×B.L. People 他
★BL × B.L.People★





MOBILE
qrcode